原則全外国人を対象として入国審査ゲートにおける顔画像データとの照合

法務省は、全国156か所の港湾・空港の入国審査ゲートにおいて、6歳未満の子供、外交官及び特別永住者を除く全ての外国人を対象として国際テロリストの顔画像データとの照合を10月17日から実施します。顔画像データとの照合は、2020年の東京五輪・パラリンピックによるテロ対策の一環として水際でのテロリスト入国阻止を目指します。同省が保有するテロリストの顔画像データと一致した場合は、退去強制などの手続が取られます。顔画像データについては、国際刑事警察機構(ICPO)や各国治安当局との情報共有を進めており、随時更新していく方針です。