中国杭州~青森の国際定期便開(来年1月)

中国杭州~青森の国際定期便開(来年1月)

青森県は19日、中国の北京首都航空(北京市)が来年1月下旬から、青森空港と中国の杭州を結ぶ国際定期便を週1往復運航すると発表しました。青森空港に国際定期便が就航するのは1995年に韓国ソウル線、ロシア・ハバロフスク線(現在は運休)が就航して以来、21年ぶりです。青森空港と同時に函館空港へも就航(週2往復)を予定しており、青森県では来年3月26日の北海道新幹線開業を活用して観光客に増加につなげたい考えです。

杭州市は、上海の南西部に位置する中国浙江省の省都。「中国八大古都」の一つとして歴史的建造物も多く、世界文化遺産「西湖」などがあります。