中国人に対するビザ発給要件の緩和

岸田外務大臣は、日本を訪れる中国人の個人観光客らに対し、新たに有効期間が5年のビザの発給を開始するなどの緩和策を発表しました。
緩和策は、相当な高所得者とその家族を対象に、個人的な観光で日本を訪れるための有効期間5年のビザの発給を開始し、日本での訪問先も自由とすること、商用目的などでのビザの発給の際に、従来の身元保証書などの書類の提出を省略されます。今月19日から開始するとのことです。