日本国籍取得の残留日系人に一時帰国認める(フィリピン) 

フィリピン入国管理局は6日、太平洋戦争後の混乱で同国に残留した日系2世で、日本国籍を今年取得したため「生まれた時から不法滞在状態」として罰金を要求していた新ビエンベニドトシオさん(70)について、日本への一時帰国を認める決定をしました。新さんは6日にマニラを出発し、父親の出身地である鹿児島県への訪問と親族との対面が実現することになりました。フィリピン入管は、不法滞在の罰金として約140万ペソ(約330万円)を提示。支払わないまま出国するとフィリピンに戻ることができなくなるため、残留日系人を支援するNPO法人「フィリピン日系人リーガルサポートセンター」(東京)や日本大使館がフィリピン入管と交渉していました。今後、残留日系2世が日本国籍を取得後に日本へ渡航しようとした場合、同様の問題が起きることが懸念され、日比両国当局間で法的措置に関する協議が進められる見通しです。

(参考)
日系人の方やお盆の時期に伴い、自身の先祖やルーツを探す旅をしてみてはいかがでしょうか?
当事務所では、江戸時代まで遡って、先祖やルーツを確認する「過去帳作成サービス」を行っております。