外国人は生活保護法の対象外(最高裁)

生活保護申請を却下した大分市の処分は違法として、永住資格を持つ中国籍の女性(82)が、市に処分取り消しを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(千葉勝美裁判長)は18日、外国人には生活保護法は適用されないとの初判断を示しました。市の処分を取り消した二審福岡高裁判決を破棄、請求を退けた一審大分地裁判決を支持し、原告の敗訴が確定しました。同小法廷は判決理由で「生活保護法が永住外国人に適用されると理解すべき根拠が見当たらない」と指摘。「外国人は行政措置による保護対象となり得るにとどまる」と判断した。なお、今回の最高裁判決はあくまで法律の解釈を示したもので、旧厚生省が示した基準に基づき自治体が裁量で行っている外国人への生活保護には直ちに影響を及ぼさず、外国人に生活保護を受給させるかの可否は行政の自由裁量の範囲となりました。