韓国人との国際結婚に伴う韓国移住の難化

 韓国の法務省にあたる法務部は、韓国人と結婚して韓国国内で生活するには、外国人配偶者が韓国語をある程度駆使し、韓国人配偶者も一定の所得水準を有することを条件とし、健全な国際結婚を誘導して結婚移民者の安定した定着を誘導するために改正した結婚移民ビザの発行審査基準を、4月1日から適用すると明らかにしました。これに伴い、韓国での結婚ビザを取得するためには、韓国語能力試験成績表や韓国語教育履修証などが必要です。一方、外国語で夫婦間にコミュニケーションが可能な場合には審査を免除されることもあります。