高度人材の外国人の永住要件3年へ

政府は18日までに、高度な技術や知識を持つ高度人材の外国人が永住権を取得するのに最低限必要な日本在留期間を5年から3年に短縮する入管難民法改正案を、24日開会の通常国会に提出する方針を固めました。現行制度では、外国人が日本で永住権を取得するには原則10年以上の在留期間が必要です。