東北3県への中国人マルチビザ発給へ 

日本政府筋は13日、政府が7月から東日本大地震で被災した岩手、宮城、福島の3県を訪問する中国人観光客を対象に特例査証(ビザ)を発給する方針だと明かした。
ビザは有効期限3年で、期限内であれば何度でも日本を訪問できるマルチビザ。発給には3県のいずれかの地域に1泊以上するとの中国側旅行代理店の証明が必要。個人向けのみの発給で、1回の滞在期間は最長90日間。2回目以降の訪日は宿泊先に被災地を含まなくても可能となる。中国人に対するマルチビザは、沖縄に続き2例目の実施となる。