難民の身元引受・住宅提供、NPO・日弁連と覚書締結(法務省)

 小川敏夫法相は、10日、難民認定手続きが長引くなどの理由で入管施設に留め置かれる外国人の長期収容を解消するため、日弁連と難民支援に当たるNPO「なんみんフォーラム」(東京)と連携し、収容者の身柄を解放する仮放免を大幅に適用する方針を決めた。NPOと日弁連に収容者の身元保証や住居提供などの協力を求め条件整備を進める。不法残留外国人の扱いをめぐり立場を異にしてきた三者間で近く覚書を締結、国際的に「人権侵害の温床」と批判されてきた長期収容問題の解決を目指す。