元日本人妻に5億円損害賠償命令(ハーグ条約)

無断で子ども2人を日本に連れ帰った日本人の元妻を相手取り、米テネシー州の男性が損害賠償を請求した訴訟で、同州の裁判所は9日、元妻に慰謝料など計610万ドル(約4億8800万円)の支払いを命じる判決を言い渡した。男性はテネシー州フランクリン在住のクリストファー・サボイさん(40)。2009年1月に同州で離婚後、元妻が親権をめぐる取り決めに反し、当時8歳の長男と6歳の長女を日本に連れ帰り、子どもたちとの一切の連絡を絶たれたと主張している。ただ、日本は、国際結婚で生まれた子どもの親権争いに関する「ハーグ条約」に未加盟。判決が直ちに日本国内で執行できるわけではない。米国などは日本に同条約への早期加盟を求めている。