5カ国語の支援情報 外国人向けビラ配布(日本法務省)

法務省入国管理局は8日、岩手、宮城、福島、茨城4県に避難している外国人向けに、出入国に関する被災者支援策を5カ国語(英、中国、韓国、スペイン、ポルトガル)で記したビラを配ると発表した。

 国際移住機関(IOM)が協力。11~14日、外国人の居場所となっている飲食店や滞在先を回る。

 入管局は震災後、在留期間の一律延長や出国情報の照会受け付けといった支援策を打ち出した。しかし、外国人は自治体が設置した避難所を敬遠しがちで、情報が行き届いていない懸念があるという。