就労ビザとは

「就労ビザ」とは、「技術ビザ」や「人文知識・国際業務ビザ」など、日本で就労することを目的とした在留資格(ビザ)の総称として使われます。よって、「就労ビザ」という在留資格が存在するわけではありません。

原則として、外国人の方が日本で就労する場合には、与えられた在留資格(就労ビザ)で定められている職種の範囲内に限って就労することが認められています。「就労ビザ」をもって在留していても、無条件にどのような職種にでも就労できるわけではありません。

したがって、外国人の方を雇用する企業、また、日本での就労を希望される外国人の方は、どのような業務内容に従事するのかによって、どの在留資格を取得すべきなのかを確認する必要があります。そして、従事する予定の業務内容に適合した在留資格を取得するため、適切なビザ申請を行ってください。万が一、誤った在留資格でのビザ申請手続きを行った場合には、入国管理局による審査の結果、不許可になってしまい、雇用が決定したにもかかわらず就労できないといったことになりますのでご注意ください。

「就労ビザ」を取得するために、「在留資格認定証明書交付申請」や「在留資格変更許可申請」などのビザ申請を行った場合、入国管理局は、申請人である外国人の方とその外国人の方を雇用する企業の双方について総合的に審査します。各申請により審査基準は異なりますが、下記に掲げるような項目について審査が行われます。

就労ビザ申請時の主な審査項目

申請人(外国人の方)
  • 学歴・職歴
  • 従事する職務内容
  • 報酬(給与)の額
申請人を雇用する企業
  • 事業の安定性
  • 事業の継続性
  • 申請人を雇用すべき必要性

申請人である外国人の方が審査基準を満たしていても、申請人を雇用する企業が審査基準を満たしていなければ、ビザ申請は不許可に終わります。また、申請人を雇用する企業が審査基準を満たしていても、申請人である外国人の方が審査基準を満たしていなければ、ビザ申請は不許可に終わります。よって、申請人と雇用する企業の両者ともに基準を満たしていることをしっかり確認し、適切なビザ申請を行ってください。

お問い合わせはこちら

ビザ申請手続き(国際結婚/配偶者ビザ、永住ビザ、就労ビザ、短期滞在ビザ、在留期間更新など)に関するご相談を無料で承っております。お気軽にご連絡ください。

行政書士 徳生光央事務所
お問い合わせ先

〒980-0873
宮城県仙台市青葉区広瀬町4-8
ライオンズタワー仙台広瀬2812

電話 022-716-3845
FAX 022-716-3846

インターネットからのお問い合わせはこちら

営業時間
平日 9:00~18:00、土曜 10:00~13:00
日曜・祝日 休み

仙台・東京・横浜・札幌の各地方入国管理局に対応しています