定住者ビザ

「定住者ビザ」とは、法務大臣が特別な理由を考慮し、一定の在留期間を指定して居住を認める外国人の方に与えられる在留資格です。この「定住者ビザ」を取得して在留する外国人の方は、原則として、日本での就労活動に制限がなく、日本人と同様にどのような職場でも就労することが可能です。

法務大臣が居住を認める「特別な理由」とは様々なものがありますが、基本的には、「永住者ビザ」「日本人の配偶者等ビザ」「永住者の配偶者等ビザ」を取得することができない身分の外国人の方に対し、人道上の理由その他特別な事情を考慮して、特別に在留資格を与える必要があると認められた場合に「定住者ビザ」が与えられます。例えば、下記に掲げるような場合に与えられる可能性があります。

定住者ビザを取得できる可能性のあるケース

  • 「日本人の配偶者等ビザ」を取得して在留していた外国人の方が、離婚してしまい、離婚後も引き続き日本での在留を希望される場合
  • 「日本人の配偶者等ビザ」等を取得して在留している外国人の方が、本国に残っている前夫又は前妻との間に生まれた子を日本に呼び寄せ、日本で一緒に生活したいと希望する場合
  • 「日本人の配偶者等ビザ」等を取得して在留している外国人の方が、本国で生活している高齢の親を日本に呼び寄せ、日本で一緒に生活したいと希望する場合

お問い合わせはこちら

ビザ申請手続き(国際結婚/配偶者ビザ、永住ビザ、就労ビザ、短期滞在ビザ、在留期間更新など)に関するご相談を無料で承っております。お気軽にご連絡ください。

行政書士 徳生光央事務所
お問い合わせ先

〒980-0873
宮城県仙台市青葉区広瀬町4-8
ライオンズタワー仙台広瀬2812

電話 022-716-3845
FAX 022-716-3846

インターネットからのお問い合わせはこちら

営業時間
平日 9:00~18:00、土曜 10:00~13:00
日曜・祝日 休み

仙台・東京・横浜・札幌の各地方入国管理局に対応しています