永住許可申請

永住許可とは、既に在留資格を有する外国人が永住者の在留資格への変更を希望する場合に、法務大臣が与える許可を言います。

永住者の場合には在留期間が無期限となり、住宅ローンが組みやすいということも挙げられます。金融機関が外国人の住宅ローンに関して、永住許可を前提とする場合があるからです。ただし、永住者となっても外国籍であることは変わりがなく、一時的に出国する際の再入国許可手続や外国人登録は必要となります。

永住許可の要件

永住者
(無期限)
  • 原則として10年以上日本に在留している者。
    留学から就労系資格へ資格変更して、継続して日本に在留している場合や定住者の資格をもって在留している者は、資格変更後5年以上の在留暦が必要。
  • 日本人の配偶者は結婚後3年以上、日本に在留していること。
    ただし海外で婚姻・同居暦がる場合は婚姻後3年を経過し、かつ日本で1年以上在留していること。
  • 日本人の実子・特別養子は日本で1年以上在留していること。

ご依頼方法

STEP 1 ご相談・打ち合わせ

STEP 2 必要書類のご準備

STEP 3 お支払い

STEP 4 書類作成代行

STEP 5 仙台入国管理局への申請(行政書士が申請代行します)

STEP 6 永住ビザの受取り

お問い合わせはこちら

行政書士 徳生光央事務所
お問い合わせ先

〒981-0902
宮城県仙台市青葉区北根1-13-1
パークタワー台原3101号

電話 022-341‐5897
FAX 022-341‐5898

営業時間
平日 9:00~17:00
土日祝 休み